ニキビ跡消す方法、ターンオーバーとの関係を理解する

ニキビ跡消す方法はさまざまあります。

 

未成年で発症するニキビはケアを間違えると大人になってからニキビ跡として残ることも多いのですが、大人になってから発症するニキビとは生成のメカニズムが根本的に異なっているので、原因にきちんとあった対策をすることが重要です。

 

ターンオーバーを理解することもニキビ対策をする上で重要なポイントになってきますが、ターンオーバーというのは肌が生まれ変わることを言い、通常は新陳代謝によって肌は一定のリズムで古い肌から新しい肌に変化しています。

 

 

若い頃は新陳代謝も著しいのでターンオーバーが原因になることによってニキビが生成されるようなことはほとんどないのですが、過剰にターンオーバーすることによってニキビができる可能性はゼロではありません。

 

一方でターンオーバーが若い頃に比べる低下してくると肌トラブルが起こりやすくなり、肌質が変化することによってニキビやニキビ跡ができて、適切なケアをしないことによってニキビ跡を作る原因になることもあります。

 

ニキビ跡は見た目で目立つことからできれば避けたいものだと思いますが、ニキビができた時にきちんと原因にあったケアをすることができていれば悪化するようなことはほとんどありません。

 

また、ニキビやそれから派生するニキビ跡ができる原因は年齢によって変わってくるだけでなく男女の性別による違いなどもあるので、自分で原因が分からない場合はこれが原因と決めつけてしまうのではなく皮膚科などに通って調べてもらうこともおすすめです。

 


ニキビ跡消す方法、市販の治療薬

ニキビ跡消す方法はいろいろありますが、ニキビ跡は、毎日の洗顔やピーリング食生活の改善などで簡単に消えるようなものではありません。

 

もちろん、ニキビ跡の程度によってはまったく効果がないというわけではありませんが、効果が出るとしても数ヶ月、数年という長い期間をかけて徐々に目立たなくなるものなのです。

 

ニキビ跡は誰でもできるだけ早く消したいと思うものです。とはいうものの、医療機関に行って治療を受けるのは怖い、そこまではしなくていいと思う方も少なくありません。

 

そんな方にオススメのニキビ跡治療方法としては、市販の治療薬を使用するという方法もあります。

市販の治療薬とは、ニキビ治療薬の事でニキビ跡を治療するものではないでしょ、と思う方もいるかもしれません。

 

確かに需要としてはニキビ治療薬の方が多いでしょうが、実はできてしまっているニキビ跡にも効果が期待できる製品もあるのです。

 

まず一つには色素沈着しているニキビ跡に対して効果が期待できるビタミンC誘導体が配合されたタイプです。

 

このタイプの塗り薬は、ビタミンCによりメラニン色素の生成を抑制する事で色素沈着を薄くさせるというものになります。

 

 

またトレチノインという成分が配合されている治療薬はターンオーバーを正常化させることでニキビ跡を改善させるというものです。

 

医療機関に行くことなく、それでいて洗顔等の対策に比べて効果が期待できるのです。

 

ただ、深いクレーター状になったニキビ跡やケロイド状になってしまったニキビ跡だとほとんど効果が期待できないかもしれません。

 


ニキビ跡消す方法、医療機関で治療するメリットやデメリット

ニキビ跡消す方法に、医療機関でニキビ跡の治療を受ける場合は肌のバリア機能や肌のケア能力を保持しながら治療を進めていくことができるので、肌にかかる負担が少ないというメリットや医師に肌を見てもらった上で施術を受けることができるため、気持ちの面での負担も少ないというメリットがあります。

 

どのような理由でニキビ跡ができるかという原因を考えた場合にニキビができている段階からのケアが本来であれば必要なのですが、既に残ってしまったニキビ跡についてはニキビ跡ケアアイテムやレーザーなどを使った対策の流れになります。

 

 

医療機関で治療を受ける場合のデメリットになるのは費用や時間がかかるという点で、ニキビ跡が多い場合はそれだけ治療にも時間がかかることになるため、時間の確保というのも考える必要が出てきます。

 

しかし、自分でニキビ跡ケアをする場合に比べると治療効果が高くなっていることを考えると医療機関を利用することによる治療のメリットも高く、特にこれまでに自分でケアをしてきて失敗している人にはおすすめになります。

 

 

医師に診察をしてしまうことによってニキビケアについてのことはもちろんですが、それ以外にも肌質についての説明をしてもらうこともできるので、自分がどのような肌質なのかということを知る機会にもなります。

 

もちろん、診察を受けるだけでも可能なのでまずは自分のニキビ跡の状態を把握するという意味でも脚を運んでみる価値は十分にあると言えるでしょう。

 

 

 

 

 

思春期頃になると急に顔あたりに発疹が出るようになりますが、これがいわゆるニキビの症状であり、思春期頃に出てくるのはホルモンが大きく関係しており、体が大人になることでホルモンバランスの乱れが起こります。
この場合は成長に伴って自然に消えることも多いのですが、間違ったニキビケアをしていると将来的にニキビ跡になって毛穴が目立つようになることもあるのできちんとケアをする必要があります。


大人になってからもニキビが出てくるようなことがありますが、これはホルモンバランスの乱れが原因になって起こるというよりも生活習慣の乱れによって起こることが多くなっています。
特に中年以降になると肌の新陳代謝の能力も低下するようになり、肌の老化が始まることによってニキビができやすい状態になりますが、この時にニキビ対策をする際にも間違ったケアをすることによってニキビ跡を作ってしまうことがあります。
ニキビであればいつかは治るのですが、ニキビ跡については延々と跡として残ってしまうことを考えると優先すべき対策についてはニキビ跡になります。
最近は医療技術が発達していることもあって医療機関で治療を受けることもできるようになっており、方法によっては全く目立たなくすることができることもあります。
ただし、医療機関で施術を受けることになると費用や手間がかかることも考えられるので、どれくらいの負担がかかるかということは事前に調べた上で検討するようにしましょう。
また、ニキビを作らないようにするための対策というのも同時に考える必要があり、特に首や背中などにできるニキビについては自分の目が行き届かない場所になってくるのでケアを怠ってしまうことも少なくありません。
しっかりケアをするという意味でもどのような原因によってニキビが生成されているのかということをきちんと理解して間違った対策をしてしまわないように事前に情報を集めてから治療するなり行動に移すようにしましょう。